通販型自動車保険と外資系会社

自動車保険に加入するときに、その商品数や保険会社の多さに驚きます。外資からの参入が増えたことで、保険商品の数が以前とは比べものにならないほどに増えています。そのため、保険商品を選ぶだけでも頭を悩ませるのです。
自動車保険のタイプを大きく二つに分けると、通販型と代理店型に分けることができます。前者は、販売代理店を持っておらず、インターネットにてその加入者を募ります。後者は、今まで主流であった自動車保険のタイプです。前者のメリットは、保険料金を安く抑えることができる点です。後者は、常に決まった担当者が対応してくれますので、事故が起こったときや、契約に関して質問や疑問がある場合でも、すぐに担当者と連絡を取ることができるのです。
また国内の保険会社だけでなく、外資系の保険会社も自動車保険を多数出していますので、会社選びでも迷われる方も多いです。外資だから、国内だから安心ということは一概には言い切れません。会社を選ぶポイントは、自動車保険の販売実績です。保険を使う時は、事故が起こったときですが、事例によってはかなり面倒な事に巻き込まれることがあります。そのような場合でも、保険会社がきちんと仲裁に入り、手続きを進めてくれるようでないと、保険に入った意味がありません。

Comments are closed.