通販型自動車保険の未来について

テレビコマーシャルを中心として、自動車保険の宣伝をよく目にするという人も多いはずです。この自動車保険の宣伝の多くが、通販型自動車保険と呼ばれる商品の広告です。従来の代理店を通じて手続きをするのではなく、インターネットなどを使って直接保険会社と手続きをするスタイルが特徴です。
ダイレクト型自動車保険とも言われていますが、年々販売実績を増やしていて、マーケット規模は着実に拡大しています。トップ企業を見てみると、2007年から2011年の5年間で保険料収入を実に1.5倍にまでアップさせています。このダイレクト自動車保険の将来性ですが、今後も安定した成長が期待できるといわれています。
というのも、代理店型自動車保険は高齢者ドライバーの増加に伴い事故リスクが増えていることもあって保険料の値上げ傾向が続いています。代理店のように店舗の運営コストや人件費もあまりかからないダイレクト型自動車保険は、保険料を安く維持できるメリットがあります。
自動車保険に加入するにあたって、保険料のなるべく安い所という希望は今でも多く聞かれます。このため、保険料の節約をしたい人はこれからもダイレクト型自動車保険の方に流れる可能性は大いにあるといえます。

Comments are closed.