外資系と国内損保に違いってあるの?

自動車保険は強制保険である、自賠責保険と任意加入な自動車保険に分けることが出来ます。自賠責保険は損保会社が料率等、金融庁に届ける必ず加入しなければならないもので、人身事故を対象にしています。
近年は自動車事故の賠償金も高額化しています。自賠責保険では賄うことが出来ないケースが増えているのです。もちろん自分の預金から支払うことも可能ですが、大変な負担になります。
そこで任意保険に加入することで、大きなリスクに対して備える必要があります。今や任意保険は必要なものになっているのです。
自動車保険会社には、国内損保会社と外資系損保会社があります。それぞれ多くの会社があり、特徴もあります。テレビCMやネット広告でお馴染の通販型自動車保険が増えているのです。従来の代理店形式とは違い、気軽に簡単に加入することが出来ます。
外資会社は通販型の形式をとっています。代理店が不要なので、経費が少なく出来るので、商品の価格も安くなっています。加入者にとって、これが最大のメリットなのです。
サービス内容には大きな違いが無いようです。基本的な任意保険のサービスは国内損保会社に比較しても同様なものです。各社、車両保険等任意に加入することが出来ます。車両保険に加入しなければ、保険料はかなり安くなるのです。

Comments are closed.