外資系損保で困ることとは

日本でも外資系保険会社の提供する、自動車保険に加入する方が増えています。国内の保険会社が提供する保険よりもサービス内容が魅力的であったり、保険料が安くなるということで、外資の保険に加入される方も少なくはありません。
しかし、外資の会社だからこそ、保険加入の際には十分注意して頂きたい点があるのです。例えばサービスが提供されている地域です。車で遠出をしたときに、車がトラブルを起こした、事故に遭遇してしまったときに、保険のサービスが受けられるエリアが関東地区もしくは一部の地域に、限定されていることがあります。もしもサービス対象から外れている地域で事故やトラブルが起きた時は、保険サービスを受けることができない事もあります。
提携修理工場の数が少ないことがあります。車両保険に加入していると、保険の対象となる事例で車が故障や傷を負った場合、保険会社が指定する修理工場で修理が受けられます。ところがその提携する工場が、自宅の近くに見つからないことがあります。
保険料が安いと思って加入を検討してみると、特定の条件を持っている運転者に限る事も多く、実際にかかる保険料が割高にあることがあります。良い保険会社を選ぶためには、会社の経営状況等を判断する格付けを参考にするのも、おすすめです。

Comments are closed.