自動車保険における外資系会社の流れ

a0001_013026
保険会社には日本国内で生まれたものだけでなく、海外で生まれて日本で営業を行っているところもたくさんあります。損保会社も外資系企業は多くあり、そのほとんどで自動車保険を取り扱っています。通販型の保険を日本で最初に行ったのが海外の会社だったため、外資系イコール通販型保険というイメージを持っている人もいますが、現在では日本国内の保険会社も通販保険を多く行っています。
1990年代から2000年代にかけて増えていて、インターネットを使用した販売で徹底的に人件費を削った営業を行っています。そのため保険料が安く、日本の保険会社から乗り換えを検討する人も多いです。信頼して大丈夫なのかと不安になる人もいますが、第三者機関によるレーディングではA以上の判定を貰っている会社がほとんどで、経営状態も良好です。
海外で生まれていますが、特に日本の保険会社と大きく変わる点はありません。基本的に日本国内で保険会社を営業するためには金融庁で保険営業する許可を貰い、日本国内の保険のルールに従うことになっています。そのため商品内容に多少の違いはあっても、日本だから海外だからといった明確な違いはありません。
ただし各保険会社での違いはあります。保険料や内容、特約にも違いがあるので、比較してからの加入が大切です。
a0001_013081